/

アワビなど密漁水産物の流通防ぐ 規制法案を閣議決定

密漁被害が大きいアワビ

政府は30日の閣議で、密漁でとれた水産物の流通を規制する「特定水産動植物等の国内流通適正化法案」を閣議決定した。臨時国会に提出し、早期の成立をめざす。アワビやナマコなど密漁被害の大きい魚介類を対象に、取引記録や証明書がないと国内の流通や輸出入ができないようにする。

国内の流通では対象となる魚介類を扱う漁業協同組合や流通業者などに届け出を義務付ける。取引記録の作成、保存も求める。輸出業者には適法に漁獲していることを示す証明書を発行する。届け出をせずに魚介類を売買した場合は50万円以下の罰金を科す。

海外からの輸入については、規制の対象はイカやサンマとなる見通し。海外の業者が日本に輸出する際、適法に漁獲したことを示す証明書の添付が必要になる。証明書の添付が確認できなかった場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す。法成立後、2年後をめどに施行する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン