/

この記事は会員限定です

「トランプ再選」予想の債券王、自信は控えめ

[有料会員限定]

米株式市場がいったん落ち着きを取り戻した。29日のダウ工業株30種平均は5日ぶりに反発し、上げ幅は一時350ドルを超えた。ただ1日の売買高は少なく、投資家は積極的な取引を控えている。大統領選前の株価下落と閑散相場は「恒例行事」だが、2020年はいつにも増して不透明感が強い。著名投資家でさえも、先行きに少し慎重にならざるを得ない。

「念のために言っておくが、今回は4年前に比べて確信度は低い」。27日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン