/

この記事は会員限定です

サントリー米子会社、米司法省と20億円支払いで和解

[有料会員限定]

サントリーホールディングスの米子会社ビームサントリーはインドで酒類を販売するため贈賄をした疑いを巡り、米司法省と1957万ドル(約20億円)を支払うことで29日までに和解した。サントリーHDが米酒類大手ビームを買収する以前の2006~12年に、ビームがインドで酒類を販売するライセンスを得るため、印政府の関係者に賄賂を送った疑いがあるとみて米当局が捜査していた。

インド市場には06年にビームが現地企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン