/

ダスキンの20年4~9月期、一転黒字に 純利益50%減

ダスキンは29日、2020年4~9月期の連結純利益が前年同期比50%減の14億円になったようだと発表した。34億円の最終赤字を見込んでいた従来予想から一転、黒字となる。アルコール除菌剤や空気清浄機など衛生関連商品の売り上げが伸びたことなどで想定を上回った。

売上高は741億円で、従来予想を60億円上回る。「ミスタードーナツ」を主力とするフード事業では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で店内飲食が減少したが、テークアウトや季節限定商品の売れ行きが好調だった。営業利益は24%減の28億円となった。

21年3月期の業績予想も修正した。純利益は前期比89%減の6億円で、従来予想の21億円の赤字から上方修正した。新商品の投入などで売り上げを確保する一方で、フランチャイズチェーン(FC)店の業績回復のための広告費の計上などが響く見通し。配当予想は年間40円で変更しない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン