/

この記事は会員限定です

新生銀と大和系、再生エネに400億円 メザニン融資で

[有料会員限定]

新生銀行大和証券グループ本社傘下の大和エナジー・インフラ(東京・千代田)は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーに1~2年後をメドに計400億円を融資する。通常の融資と出資の中間的な役割を担うメザニン(中二階)ローンの手法で多様化する借り手のニーズに応える。ファンドを立ち上げ、債権を投資家に販売することも視野に入れる。

太陽光発電や風力発電など再生エネルギーの開発に資金を融通する。年内に太陽光発電所など3件程度への融資を想...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン