/

仏ニースの教会で刃物テロ、3人死亡 イスラム過激派か

(更新)
29日、フランス南部ニースで、テロ事件があったとされるノートルダム教会の周辺を警戒する警察官ら=ロイター

【パリ=白石透冴】フランス南部ニースのノートルダム教会で29日、刃物による襲撃があり、少なくとも男女3人が死亡した。同国メディアが伝えた。対テロ検察がテロ殺人の容疑で捜査を始めた。ニースのエストロジ市長は記者団にイスラム過激派のテロだとの見方を示した。

フランスのカステックス首相は29日、国内のテロ警戒レベルを3段階の最高に引き上げたと明らかにした。カステックス氏は「この事件は、我が国に対する極めて深刻な挑戦だ」と指摘した。マクロン大統領は同日、事件の現場に向かった。

ジョンソン英首相、欧州委員会のフォンデアライエン委員長は29日、相次ぎツイッターで、テロ非難の声明を出した。

報道によると、男が教会の内外で周囲の人たちを相次ぎ刺した。容疑者は警察官に撃たれて負傷し、病院に搬送された。

エストロジ氏によると、容疑者は拘束後もアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいた。

ニュース専門テレビBFMによると、女性1人と男性の管理人1人の計2人が現場で死亡。別の女性が負傷して近くのバーへ逃げ込んだ後、死亡した。亡くなる前に「家族に愛していると伝えてほしい」と言い残した。

29日、襲撃事件を受けて治安当局者らと面会するフランスのマクロン大統領(中央左)=同国南部ニース、AP

仏紙フィガロ(電子版)によると、現場で殺害された2人はいずれも喉を切られた。仏ラジオ「ヨーロッパ1」は、このうち女性の頭部は切断されていたと報じた。

29日には仏南部のアビニョンで、拳銃を持って通行人らを襲おうとしたとされる男が警察官に射殺された。死傷者はいない。ヨーロッパ1によると、射殺された男は「アラー・アクバル」と叫んでいたとの情報がある。

一方、仏外務省によると、サウジアラビア西部のジッダにある仏総領事館で29日、警備員1人が男に刃物で切りつけられた。サウジ国籍の男は拘束された。警備員は病院に送られたが軽傷だ。

フランスでは9月、風刺週刊紙シャルリエブドがイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載した後に、テロが相次いでいる。同紙旧本社前では9月下旬、パキスタン出身の男が男女2人を刃物で襲撃した。

10月16日には表現の自由に関する授業でムハンマドの風刺画を生徒に見せた中学教員が、イスラム教徒が多いロシア・チェチェン系の男に頭部を切断され、殺された。

マクロン氏は過激派対策の強化を表明した。これに対し、サウジをはじめとするイスラム諸国はマクロン氏がイスラム教とテロを結びつけ、信徒の活動を規制しようとしていると非難していた。

ニースでは2016年7月、花火を見物していた人たちにトラックが突っ込み、80人以上が死亡したテロ事件もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン