/

この記事は会員限定です

特別区の権限、中核市並み?村以下? 都構想で論戦

[有料会員限定]

11月1日に住民投票が行われる「大阪都構想」を巡り、大阪市を廃止して設置する特別区の権限に関心が集まっている。賛成派は、都構想の特別区は「中核市」並みの権限を持ち、きめ細やかな住民サービスが行えると主張。反対派は固定資産税の徴収権など、村でも持っている権限を持たない「半人前の自治体」と批判しており、見方は正反対だ。

「(特別区になると)村でも持っている権利を失う。今ある権利をわざわざ放棄せよという...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン