/

この記事は会員限定です

三菱重工、初の環境債を発行 再エネ投資拡大へ

[有料会員限定]

三菱重工業は2020年内にも、環境に配慮した事業に資金使途を絞る「グリーンボンド(環境債)」を発行する。発行額は数百億円とみられる。同社は29日、風力発電事業のアジアでの事業強化に向けデンマークの世界大手の風力発電機メーカーへの出資を正式発表した。脱炭素に対応し再生可能エネルギー関連の一段の強化を狙う。

国内の重工大手で環境債を発行するのは同社が初めてとみられる。環境に配慮した企業の投資を重視するESG(環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン