「常陸牛」シンガポールに再上陸 日本食店に輸出

茨城
2020/10/29 19:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

茨城県畜産協会(水戸市)によると、茨城産ブランド牛「常陸牛」が11月、シンガポールに輸出される。1頭分の全部位を使ったフルセットと2頭分のロースの商談がまとまった。同国では昨年に続く「再上陸」となる。常陸牛の輸出は春先ごろからコロナ禍で激減したが、日本食の人気が高いシンガポールが輸出先に定着しつつある。

県常陸牛振興協会(茨城町)の委託を受けて輸出する。11月初旬をメドに群馬県のと畜・加工施設に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]