/

この記事は会員限定です

パナソニック、新型電池開発に着手 テスラ発注に備え

[有料会員限定]

パナソニックの梅田博和最高財務責任者(CFO)は29日、電気自動車(EV)大手の米テスラの新型リチウムイオン電池について、すでにテスラの技術部門とは別に独自開発に着手したことを明らかにした。テスラは内製を目指しているものの、パナソニックは生産の一部を担うなど将来の連携を目指す。

同日に開いた2020年4~9月期の決算会見で明らかにした。新型電池は「4680」と呼ぶ高容量の円筒形電池。イーロン・マス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン