/

川崎重工、坂出工場で減損39億円 造船価格競争厳しく

川崎重工業は坂出工場でLPG運搬船などを建造している

川崎重工業は29日、船舶海洋事業を手掛ける坂出工場(香川県坂出市)で2020年7~9月期に39億円の減損損失が生じたと発表した。船舶海洋事業が21年3月期まで2期連続で営業赤字を見込むほか、中韓勢との価格競争などで今後の船の受注が厳しくなることなどを見込み、特別損失として計上した。

29日に20年4~9月期の連結決算を発表した。液化石油ガス(LPG)運搬船などを手掛ける坂出工場で「(船舶海洋事業で見込む)2期連続の営業赤字がトリガーとなった」(山本克也副社長)。

9月末時点で、同社の船舶海洋事業の受注残は神戸工場(神戸市)と合わせ、LPG運搬船や潜水艦など8隻。約1年半分の受注残があるが「韓国や中国との激しい価格競争があり、利益の出るレベルの価格での受注が難しい」(山本副社長)として造船所の価値評価を減額した。同社は12年3月期にも坂出工場などで約149億円の減損損失を計上している。

同社は21年3月期の船舶海洋事業の営業損益が30億円の赤字(前期は6億円の赤字)になると見込む。船舶海洋事業を巡っては、同社は世界初の液化水素運搬船の実験船を開発しており、今後商用化も進めるため、坂出工場の活用も焦点となる。同社は11月2日にも新たな事業方針の発表を予定しており、厳しい造船の状況も踏まえた新たな指針を示す見込みだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン