/

この記事は会員限定です

連合、いばらの立民支援 支持政党の一本化遠く

[有料会員限定]

労働組合のナショナルセンター(全国中央組織)、連合が次期衆院選に向けた基本方針を決めた。立憲民主党の支持に軸足を置きつつ、国民民主党への実質的な支援も続ける。組合員には自民党支持者が少なくない。支持政党を完全に一本化しきれない状況が続く。

連合が15日にまとめた次期衆院選への基本方針は、比例代表について「原則、立民を支援する」と記した。これまで選挙で立民と合わせて支持してきた国民民主には言及しなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン