/

出産育児一時金増額を 岸田・野田両氏が議連

自民党の岸田文雄前政調会長と野田聖子幹事長代行は29日、国会内で「出産費用等の負担軽減を進める議員連盟」の初会合を開いた。出産した人に子供1人あたり42万円を支給する出産育児一時金の増額を求める。年内に提言をまとめる。

自民党の岸田前政調会長(左から2番目)と野田幹事長代行が議員連盟を立ち上げた(29日、国会内)

岸田、野田両氏が共同代表に就いた。岸田氏は9月の党総裁選で「出産費用の実質ゼロ」を唱えた。会合後、記者団に「予算が伴う問題だが、どこまで負担をゼロに近づけられるか、高い目標を掲げて努力したい」と語った。

出産費用は全国平均で50万円程度とされ、特に都市部では一時金で全額を補えない場合もある。出産費用の支援を拡充し、少子化対策に力を入れる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン