/

児童ら105人食中毒 東京・中野、小学校の給食

東京都は29日、中野区立中野第一小の児童ら105人が下痢や発熱などの症状を訴え、給食が原因の食中毒と断定したと発表した。重症者はおらず、既に全員が回復したとしている。患者の便からは食中毒の原因となる細菌のカンピロバクターが検出された。

都によると、105人が症状を訴えたのは12~22日。共通する食事は給食だけだった。自校で調理しており、13、14日の材料だった鶏肉からカンピロバクターが検出された。原因となったメニューは特定できていない。区は29日から7日間の供給停止処分とした。

カンピロバクターは、家畜や野生動物の腸の中などに存在。熱や乾燥に弱い。食中毒を防ぐには肉を十分に加熱することや、調理器具の洗浄、乾燥が重要になる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン