/

この記事は会員限定です

内向く大国、一段と強硬に 5中全会

[有料会員限定]

混迷する米大統領選を横目に、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)が3期目への布石を打った。終わりの見えない米国との長期戦をにらみ、自身に権力を集めて国内の体制固めを急ぐ。内向く大国が強硬姿勢を弱める兆しはない。

19期5中全会の開幕を目前に控えた23日、習氏は朝鮮戦争への義勇軍派遣70年を記念する式典で演説し、米国に挑発的なメッセージを送った。

「中国人民はすでに一つにまとまった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン