/

この記事は会員限定です

コロナ勝ち組が変調 独SAP急落、視線厳しく

証券部 増田由貴

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が再拡大し、世界の市場を揺らしている。目をこらすと、足元の株安にはもう一つ理由があるようだ。IT(情報技術)などコロナの「勝ち組」とされた銘柄の下落だ。独SAPが急落するなど、投資家が勝ち組への視線を厳しくしている。

29日の東京市場ではサイバーエージェント株が一時6%安と下げた。前日発表した2020年9月期の連結純利益は前の期比3.9倍。それでも売られたのは「好調さが続くと市場が期待しすぎて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン