/

この記事は会員限定です

コーセー、一時7%安 業績の長期低迷を懸念

銘柄診断

[有料会員限定]

29日の東京株式市場でコーセーの株価が一時、前日比1030円(7%)安の1万3790円まで下落した。前日の花王の決算発表で化粧品市場への懸念が強まり、専業のコーセーの売りにつながった。夏場から機関投資家に買われてきただけに、反動の売りが大きくなった。

花王の2020年1~9月期決算では、化粧品事業の売上高が前年同期比で25%減った。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の佐藤和佳子氏は「化粧品企業へのネガティブイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン