/

みなと銀、りそな銀の投資商品を扱う グループ生かす

みなと銀行本店(神戸市中央区)

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下のみなと銀行は、顧客からまとまった資金を預かり運用を任せてもらう投資商品「りそなファンドラップ」の取り扱いを始めた。みなと銀としては初めてりそな銀行の投資商品を扱う。

複数の投資信託を通じて国内外の株式や債券、不動産投資信託(REIT)に分散投資する「スタンダードコース」など、2種類を用意する。300万円以上から受け付ける。

同じく関西みらいFG傘下にある関西みらい銀行に続き、みなと銀はグループでのシステム統合に取り組んでいる。関西みらいFGの親会社であるりそなホールディングスグループの長期運用ノウハウを生かし、顧客サービスの拡充を図る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン