/

この記事は会員限定です

後絶たない株取引不正 問われる企業の情報管理

ドンキHD株巡る取引推奨疑惑

[有料会員限定]

ドンキホーテHDの前社長が、TOB(株式公開買い付け)に絡み知人に同社株の購入を勧めた疑いが浮上した。トップ自らが不正な取引を推奨していれば、上場企業として極めて重大な問題だ。TOB関係者らによる取引推奨は6年前に禁じられたが、不正は後を絶たない。改めて企業の情報管理やガバナンスの体制が問われる。

舞台となったのはユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDの連携事案だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン