/

この記事は会員限定です

日本ハム、脳機能改善へ食品開発 鶏肉中の成分を活用

[有料会員限定]

日本ハムは記憶力の低下予防など、脳機能の改善につながる食品の事業化に乗り出す。食肉に含まれる成分を活用する。東京大学などとの共同研究で、同成分が高齢者の記憶力維持に効果があるとみられることを確認した。今後、製品化を進め、サプリメントなどとして提供したい考えだ。食肉加工メーカーで脳機能の改善を目的とした食品の事業化に取り組むのは珍しいという。

鶏胸肉に多く含まれるという「イミダゾールジペプチド」という成分を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン