/

この記事は会員限定です

ネット表現の自由漂流 米SNS、議会は同床異夢

(更新) [有料会員限定]

11月3日の米大統領選を控え、SNS(交流サイト)運営企業の投稿規制を巡る議論が激しくなっている。議会上院は28日、フェイスブックなど大手3社のトップを呼び、投稿管理のあり方を問いただした。規制はSNSの競争力だけでなくインターネット上の表現の自由を左右するが、政治の足並みがそろわず着地点は定まっていない。

公聴会にはフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)のほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン