/

この記事は会員限定です

米SNS各社、批判回避負担に AI活用や人員拡充

[有料会員限定]

米議会上院が28日に開いた公聴会で、ツイッターなど米SNS(交流サイト)運営3社のトップは誤情報などの拡散を防ぐ体制の強化について説明した。「検閲」との批判を浴びるなか情報の取捨選択や表示に使う仕組みでも改善を求められており、経営の重荷となる可能性がある。

「3万5000人が投稿管理を担当し、年間数十億ドルの資金を投じている」。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は公聴会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン