/

この記事は会員限定です

テスラがEV電池内製化 影響を名大・慶大教授に聞く

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

米テスラが電気自動車(EV)に搭載する電池の自社生産に乗り出す。パナソニックなどから調達していたが、高性能の新型電池を開発し、量産を始める。1年後にEV14万台分の10ギガワット時、2年後に140万台分の100ギガワット時を生産する構想だ。世界の車載電池メーカーや自動車メーカーのEV戦略に、どう影響するのか。電池に詳しい名古屋大学の佐藤登客員教授と慶応大学の堀江英明特任教授に聞いた。

――テスラが電池の内製化を表明しました。

「驚きはない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン