/

日米豪印外相会合、首脳級に格上げを 有識者提言

有識者らで構成するインド太平洋協力研究会(座長・田中明彦政策研究大学院大学学長)は29日、「自由で開かれたインド太平洋」を巡り政府に提言した。日米豪印外相会合を首脳級に格上げするよう求めた。英国やフランスの参加も検討すべきだと指摘した。

中国による急速な軍拡を受け、米国、中国、ロシアが参加する新しい軍縮・軍備管理の枠組みの構築を提唱すべきだと主張した。国家安全保障局で「自由で開かれたインド太平洋」実現のための国家戦略を策定する必要があるとも訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン