/

叡王戦主催は不二家に 将棋のタイトル戦新契約

日本将棋連盟は29日、八大タイトル戦の一つ、叡王戦の主催について動画配信サービスのドワンゴに代わり、第6期から新たに菓子製造の不二家と契約を結んだと発表した。叡王戦は一般棋戦として発足し、第3期からタイトル戦に昇格。第6期からタイトル保持者の決定方法が7番勝負から5番勝負に変更される。

第5期に初獲得した豊島将之叡王(30)の防衛戦は、来年7月下旬に開幕する。八大タイトル戦で契約金の高さを示す序列は3位から6位になった。記者会見で日本将棋連盟の佐藤康光会長(51)は「歴史のある不二家に支援していただけることになった。叡王戦は新しいタイトル戦。ファンや将棋を知らない人にも楽しんでもらいたい」と話した。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン