/

「びっくりドンキー」10店で注文と精算を無人化へ

アレフ(札幌市)は29日、ハンバーグ店「びっくりドンキー」でタブレット端末を使ったテーブルでの注文受け付けと自動精算機を導入すると発表した。2020年度中に10店でこうした無人化システムを導入し、将来は全店に設けることも検討する。人件費の削減が期待できるほか、非接触型のシステムで新型コロナウイルス対策にもなる。

まず11月に開店する千葉県の「佐倉ユーカリが丘店」で導入する。3月から既に「南池袋店」で試験導入していた。システム修正を経て、本格的に稼働させる。試験導入では客単価の向上や人件費の削減などの効果が出ていた。

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン