/

長岡技科大、佐渡空港で固定翼ドローンの遠隔操縦実験

中継局(写真右)を介した固定翼ドローンの操縦や情報通信に成功した

長岡技術科学大学や新明和工業などは、佐渡空港で固定翼無人航空機(ドローン)の無線通信に関する実証実験に取り組んだ。新しくドローン操縦に使える周波数帯169メガヘルツを利用し、従来の周波数に比べ問題がないかなどを検証した。

169メガヘルツ帯で固定翼ドローンを操縦して電波伝わり方を調べたのは全国でも初めて。実験では基地局のほか、佐渡市の加茂湖湖畔に中継局も設置。中継局を介した遠隔操縦や情報通信に成功した。長岡技科大の中山忠親教授は「船に中継局を設置すれば海上飛行を陸から操縦できる。広範囲で飛べるので、大気汚染物質の観測にも応用できそうだ」と話す。

ドローン操縦はWi-Fi機器と同じ2.4ギガヘルツなどの周波数が一般的だが、建物の影響を受けやすく通信も600メートル程度しか届かない欠点があった。169メガヘルツの周波数は2016年8月から利用が認められ、通信範囲も5キロメートルと広い。中山教授は「今後は障害物がある状態での検証も重ねたい」と意気込む。

実証実験は情報通信の研究を支援する事業として19年に総務省が採択し、2年間で860万円を補助した。開発費など全体の事業費は6000万円ほどだという。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン