/

この記事は会員限定です

アイアンショット 素振りでイメージ鮮明に

星野陸也(12)

[有料会員限定]

アイアンショットで距離感をうまく出すには、リズムが肝心だ。100%のフルショットで打つときのリズム、80%のときの自分のリズムを知っていないといけない。7割の力で打ちたいのに、9割のときのリズムで打つと、距離感も変わってしまう。繰り返しになるが、連続素振りでリズムを整え、左腕とシャフトが真っすぐになったタイミング、振り子の最下点で打つことが大切である。

僕の場合、ショットの「出力」は結構高い。ウッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン