/

東北電力、女川町長に原発の危機管理など説明

女川原発2号機再稼働を巡り女川町の須田町長(左)に危機管理などの説明をする東北電力の樋口社長(中)(29日、宮城県女川町)

東北電力は29日、女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)2号機の再稼働をめぐり、女川町に危機管理の姿勢などを説明した。9月に事業運営に取り組む姿勢について申し入れがあり、今回はその回答となる。

女川町役場を訪れた東北電の樋口康二郎社長は、福島第1原発事故の教訓を踏まえ、地域との信頼関係をより強める「再出発と位置づけている」と述べた。火力発電所などでの実地訓練を通した人材育成やミスを防ぐための基本行動について説明した。

女川町の須田善明町長は再稼働への同意について「事業者からの回答も踏まえて総合的に判断する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン