経済先行き「下振れリスク大きい」 黒田総裁

2020/10/29 14:30 (2020/10/29 16:34更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の黒田東彦総裁は29日の金融政策決定会合後に記者会見し、景気の現状について「引き続き厳しい状態にあるが、持ち直している」との認識を示した。新型コロナウイルスへの警戒感が残るため、先行きについては「改善基調をたどるとみられるが、そのペースは緩やかなものにとどまる」と指摘した。「不確実性が高く、下振れリスクが大きい」と語った。

日銀は28日から決定会合を開き、短期金利をマイナス0.1%、長期金利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]