/

コニカミノルタ、KDDI・NECと5G技術検証

画像IoTやAIの事業開発を進める(大阪府高槻市)

コニカミノルタは28日、KDDINECと組み、11月6日に大阪府高槻市の研究開発拠点で高速通信規格「5G」の活用に向けた検証の拠点を開くと発表した。拠点内ではキャリアのネットワークを使わない「ローカル5G」のほか、拠点周辺や拠点間の連携などに公衆網の5Gを使うハイブリッドの5Gの技術を検証する。

KDDIが公衆網の5G基地局を、NECがローカル5Gの基地局をそれぞれ拠点内に設置する。公衆網の5Gとローカル5Gとの通信の切り替えの技術などを検証し、事業開発を進める。ローカル5Gを使う工場に出入りする従業員が端末を支障なく使える、公衆網の5Gを使う一般の利用者が施設内のローカル5Gも使えるといった利用シーンを想定する。(橋本剛志)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン