/

この記事は会員限定です

クリ、皮が簡単にむける新品種相次ぐ

[有料会員限定]

口のなかでほろりとくずれる素朴な甘さ。クリがおいしい季節が到来した。カリウムやビタミン、食物繊維が豊富で、栄養価が高い秋の味覚だ。日本では縄文時代から食べられ、縄文人のおやつになっていたようだ。

今年は夏の猛暑が響き、9月の出始めは傷みや小粒が目立ったが、秋の深まりとともに品質が改善した。現在は実が詰まった良質なクリが店頭に並んでいる。10月下旬、都内の青果店では1袋(1キロ)1060円程度と、価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン