/

この記事は会員限定です

大阪都構想の投票率は 期日前は好調、若者の動向焦点

[有料会員限定]

「大阪都構想」の賛否を問う11月1日の住民投票が迫ってきた。既に29万人超が期日前投票を済ませ、前回の2015年の同時期と比べて2割以上の増加だ。新型コロナウイルスの感染を避けようと、投票を前倒しする有権者が増えたとみられる。投票率はどこまで伸びるのか。前回は低投票率だった若者の動向もカギを握りそうだ。

大阪市中央区役所の6階にある期日前投票所。大阪市選挙管理委員会の感染防止チェックリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン