ブラックホールグッズが人気
奥州宇宙遊学館(岩手県奥州市)

日経MJ
東北
岩手
2020/10/30 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年にブラックホールの撮影に初めて成功した国際プロジェクトを、日本チーム代表として支えた本間希樹氏が所長を務める国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)。奥州市が同観測所の旧緯度観測所本館を体験型展示施設として改修したのが「奥州宇宙遊学館」だ。

同館ではオリジナルグッズを販売しており、一番人気は本間所長が監修した「ブラックホールクリアファイル」。見開きタイプで、外側はブラックホールの写…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]