/

ロシア、追加コロナ対策 混雑する場所でのマスク義務に

(更新)
ロシアは混雑した場所でのマスク着用を全土で義務付けた(22日、モスクワ市内の地下鉄)=AP

【モスクワ=小川知世】ロシア政府は28日、新型コロナウイルス対策として、50人以上が集まる混雑した場所でのマスク着用を義務付ける措置を導入した。すでにモスクワでマスクが必要な公共交通機関のほか、エレベーターや駐車場などでも着用を義務付けた。新規感染者が急増するなか、追加措置に乗り出した。

午後11時から午前6時までは、観客が集まる催しやケータリングサービスの提供を禁じることも関係機関に勧告した。

ロシアの新型コロナ感染者は1日に1万6000人超と春を上回るペースで増えている。公式発表によると、28日までの累計感染者は約156万人、死者は約2万7000人。

下院で集団感染が起き、議員の2割が感染した。ラブロフ外相が感染者と接触し、隔離措置に入ったことも27日に判明した。プーチン大統領は春に導入したような厳しい経済活動の制限は不要との考えを示している。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン