第一生命、企業年金受託11年ぶり再開 ゴールドマンと

金融最前線
金融機関
2020/10/29 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一生命保険は2021年10月、企業年金保険の受託を11年ぶりに始める。顧客に約束する予定利率を1.25%から0.25%に下げるのに合わせて新商品を投入する。ゴールドマン・サックス証券と組んでオプション取引を活用し、一定以上の確率で全体として年1.25%の利回りを確保できるようにするという。年1000億円規模の契約獲得をめざす。

新型コロナウイルス禍で運用環境が悪化する企業年金の新たな受け皿に育…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]