/

J1柏、クリスティアーノ弾で天皇杯"前哨戦"制す

ゴールを決め、雄たけびを上げる柏・クリスティアーノ=共同

11月7日のルヴァン杯決勝(東京・国立)でも相まみえる両チーム。いわば前哨戦ともいえる戦いを制したのは柏だった。4試合ぶりの白星もうれしいが、何よりの朗報はMFクリスティアーノの完全復活だろう。

2月22日の開幕戦に出場した後、ケガで戦列を離れた。10月3日に復帰してから6試合目で待望の初ゴール、そして2点目も挙げたクリスティアーノは「今日は2点取ってと息子にねだられていた」。頼れるパパぶりを発揮し満面の笑み。

ラストパスを送ったのはどちらもオルンガだった。「彼とは18年夏から一緒にプレーして連係はできている。通常は私がアシスト役なんだけれど」。先制点を挙げた江坂も加えたこのトリオ、主役も脇役もどちらもできるから、守る側には厄介なことこの上ない。

柏・ネルシーニョ監督はカウンターを効率よく決めた攻撃を「インテリジェンスがあった」とたたえた。「クリスティアーノもこれで自信を取り戻したはず。当然チームにポジティブな影響が出る」。会心の勝利でチームに弾みがついたことを喜んでいた。

(武智幸徳)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン