/

この記事は会員限定です

証拠開示と審理、年単位の時間 当面はサービス継続

米Google訴訟 争点を探る(中)

[有料会員限定]

「証拠開示の手続きだけでも2年近くかかるだろう」。国内外の独占禁止法に詳しい矢吹公敏弁護士は米司法省と米グーグルの訴訟は時間を要するとみる。

米国の裁判はまず双方が手持ち資料を出し合う手続きがある。実際の審理にはさらに時間がかかる。中間的な差し止め命令が出ない限りグーグルはビジネスを続けることができる。その限りで今の利用者が影響をすぐに受けることは考えにくい。

競争政策の専門家の間では今回の法廷闘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン