/

入所者の手足をひもで縛る 障害者施設の元職員容疑で逮捕

東京都青梅市の障害者支援施設「クリード青梅」で、知的障害がある入所者の男性(当時28)の両手足を縛って監禁し負傷させたとして、警視庁捜査1課は28日、准看護師として勤務していた同施設元職員の宮崎寿子容疑者(59)=東京都羽村市=を逮捕監禁致傷容疑で逮捕した。

同課によると、宮崎容疑者は「本人のためだと思った」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は2017年11月14日午後6時ごろ、施設の寮の一室で男性を座布団の上に寝かせ、ひもで拘束して両手と両足に皮下出血を負わせた疑い。男性は翌日死亡した。司法解剖したが死因は不詳で、事件との因果関係は分かっていない。

同課によると、男性は当時、足取りがふらつき浴室で着替え中に転倒した。夜間の当直だった宮崎容疑者が歩き回らないように空き室に運び込み、布製のひもで両手足を縛ったという。約12時間後の翌日午前6時ごろ、男性が動かなくなっているのを宮崎容疑者が発見し110番通報。男性はまもなく死亡が確認された。宮崎容疑者は18年3月に施設を退職した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン