/

この記事は会員限定です

羅漢さんの名誉回復 仏教学者 佐々木閑

[有料会員限定]

お寺に行くと、釈迦如来とか阿弥陀如来とか観音菩薩(ぼさつ)といった、厳(おごそ)かな顔の像が本堂に安置してある。お参りの人たちは「ああ、ありがたいお姿だなあ」と感じ入って、その前で手を合わせる。きわめて自然な情景である。しかし時には、こういったご本尊たちとは別に、羅漢さんと呼ばれる「おっさんたちの像」に出会うことがある。

絵に描かれていることもあるが、木像や石像の姿で並んでいることも多い。なんだか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン