/

この記事は会員限定です

航空部品各社、人員対応急ぐ ボーイング減産で

[有料会員限定]

航空部品各社が航空機需要の低迷に合わせ、要員の配置転換や削減に乗り出す。川崎重工業は2020年度以降に関連要員50人を他部門に転換。新明和工業は21年度までに派遣社員などで100人以上を削減する。三菱重工業も一部の従業員を外部へ出向させる。各社は主な納入先である米ボーイングの生産調整が長引くとみて、対応を急ぐ。

川崎重工はボーイングの中型機「787」の胴体部品を3割減産する。同部品を生産する名古屋第一工場(愛知県弥富市)などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン