/

この記事は会員限定です

TOTO社長 IT化推進、デザイン・機能・生産磨く

戦略 トップに聞く

[有料会員限定]

トイレ大手のTOTOは4月1日付で、清田徳明氏が社長に就任した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く厳しい環境での船出となったが、温水洗浄便座「ウォシュレット」は北米での2020年上半期の受注が前年同期の2倍になった。先が読みにくい時代をどう生き抜くのか、今後の戦略を聞いた。

――100年超の社歴があるTOTOをどうかじ取りしますか。

「TOTOは背骨はしっかりしている。誠実を第一に、お客様の満足と良品を提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン