新興国、デジタル通貨続々 カンボジアやバハマで発行

金融最前線
金融機関
東南アジア
2020/10/28 18:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興国が相次ぎデジタル通貨の発行を始めた。カンボジア国立銀行(中央銀行)は28日、試験運用を終えて正式に発行。バハマ中央銀行も20日から発行を始めた。ドル依存を減らし自国通貨を強化するほか、国民が金融サービスに触れる機会を平等に提供する狙いだ。当初は国内の小口取引を想定するが、将来はデジタル通貨間の交換も視野に入る。発行準備が遅れている先進国も対応を迫られそうだ。

28日、カンボジア首都のプノン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]