/

パラオの光海底ケーブル支援発表 日米豪外相

茂木敏充外相は28日、米国、オーストラリアと連携して太平洋の島国パラオへの光海底ケーブル敷設を支援すると発表した。太平洋を横断してシンガポールと米国を結ぶ光ケーブルの支線として建設する計画に3カ国の政府系金融機関が協調融資する。

ベトナムで開いた国際フォーラムにポンペオ米国務長官、ペイン豪外相とそろってビデオメッセージを寄せた。茂木氏は「パラオにとって戦略的、地理的に重要なプロジェクトだ。インド太平洋地域で質の高いインフラを提供し続けていく」と述べた。

日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、日米豪が連携するインフラ支援として初の案件となる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン