家計簿アプリのZaim、住友生命保険と連携

スタートアップ
ネット・IT
2020/10/28 18:31
保存
共有
印刷
その他

家計簿アプリを手掛けるZaim(ザイム、東京・港)は住友生命保険と連携し、個人年金保険の情報をアプリ上で確認できるようにした。保険会社との連携は初めて。支払満期時の受取年金額や、受取終了時期を確認できる。ザイムは住友生命保険を皮切りに他社との連携を模索する。

Zaimが提供するアプリのイメージ。住友生命保険と連携し個人年金保険の情報をアプリ上で確認できるようにした

住友生命保険が販売する個人年金保険が対象。アプリ上の残高画面で銀行の預金残高やクレジットカードの使用状況に加えて、新たに年金の受取額も表示する。個人年金保険に加え、その他の保険商品での連携も進めたい考え。

保険会社との連携では、マネーフォワードが提供する家計簿アプリ「マネーフォワードME」が既に日本生命保険などとの連携を始めている。家計簿アプリのスタートアップと保険会社との協業は今後も相次ぎそうだ。

ザイムのアプリのダウンロード数は約900万件。収益源は月額400円からの有料サービスや広告料、家計簿アプリで得られたデータから購買行動を予測する分析サービス。アプリの機能を充実させて利用者数拡大を狙う。

2021年度の新設が予定されている「金融サービス仲介業」への登録も視野に入れる。保険商品も含めた金融商品をアプリ上で取り扱うサービスを検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]