/

JERA、ベトナムLNG火力でエクソンと連携

東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAは28日、ベトナムの液化天然ガス(LNG)火力発電所の開発で、米石油大手のエクソンモービルと協業に関する覚書を締結したと発表した。

ベトナム北部のハイフォン市でエクソンモービルが進めているLNG事業で協業する。同日、ハイフォン市を含めた3者間で覚書を締結した。LNG火力発電所のほか、LNG基地などを一体的に開発する。

国内では人口減少などの影響で電力消費量の低下が見込まれる。JERAは経済発展で電力需要の増加が見込まれる東南アジアでの事業拡大を目指す。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン