/

この記事は会員限定です

日本電産、1兆円投資支える2つの「カイゼン」

大阪経済部 岩戸寿

[有料会員限定]

日本電産が中長期の成長に向けて再びアクセルを踏む。次の柱と見込む電気自動車(EV)用駆動モーターに最大1兆円規模を投資する。大型投資を資金的に支えるのが、4月に走り出した永守重信会長と関潤社長の2トップ体制で進める家電用モーターなど既存事業の「カイゼン」だ。

26日に開いた2020年4~9月期決算のオンライン説明会。「シェア45%」「ガソリン車と比較にならない価格でEVがつくれる時代が来る」「1兆円の利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン