/

近畿財務局、景気判断「持ち直しの動き」 10月

近畿財務局は28日に公表した10月の管内経済情勢報告で、近畿2府4県の景気の総括判断を「厳しい状況にあるものの、持ち直しの動きがみられる」と上方修正した。上方修正は前回(7月)に続き2回連続。百貨店やスーパー、家電量販店で個人消費に回復の兆しがみられるほか、生産用機械や電気・情報通信機械などで生産活動が緩やかに持ち直しつつあるとした。

先行きについては国による需要喚起策の効果もあって「持ち直しの動きが続くことが期待される」とした。欧米では新型コロナウイルスの感染が拡大している一方、中国向けの輸出は一部回復傾向が出てきた。

記者会見した奥達雄局長は、混沌とした状況でもコロナ終息後を見据えた手を打つことが、その後の経済回復の速度や力強さにつながるとの認識を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン