[社説]外国人に変革託す三菱ケミ

社説
2020/10/28 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外国人の経営トップが、老舗企業を活性化できるだろうか。化学品の国内最大手、三菱ケミカルホールディングス(HD)がベルギー出身のジョンマーク・ギルソン氏を2021年4月に社長に迎え入れる人事を発表した。

これまで日本企業の外国人トップは、経営危機の局面で大株主の外資から再建請負人として送り込まれるケースが多かった。

その代表例がかつて仏ルノーから経営者を受け入れた日産自動車や、独ダイムラーから社長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]