/

東北電力、仙台市ガス民営化に応募

東北電力は28日、国内最大の公営ガス事業である仙台市ガス局の民営化の入札に応募したと発表した。同日、仙台市に資格審査書類を提出した。記者会見した樋口康二郎社長は「同じ地域のインフラを支える事業者として動向を注視していた。電気とガスをセットで提供するなど相乗効果が期待できる」と応募の理由を語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン